ふろふき大根は何日持つ?保存方法と作り置きの日持ち

湯気がほんわかと上がってホッカホカのふろふき大根。 おいしいです! 冬になると大根料理は定番です、できれば大量に作って保存したいところ。 そこで気になるのがふろふき大根の保存期間はどれくらいなのか、 ふろふき大根を作り置きする場合の保存方法はどうしたらよいのか紹介します。

ふろふき大根の味噌だれは何日持つ?おすすめの保存方法

おいしいふろふき大根の決め手は味噌だれです。 しかし、意外と余っちゃうものでもあります。 味噌だれは風味が大事で、 保存するときに香りが飛ばないようにしたいです。 ふろふき大根に使うだけではなく、さまざまな利用法もあります。 上手に保存してふろふき大根の味噌だれを活用する方法を紹介していきます。

ふろふき大根とおでんの違いって?味噌おでんと味噌田楽は?

ふろふき大根とおでんって、 どちらも煮物だし、大根を使った料理だから、 イマイチ違いがよく分からないですよね。 おでんの大根に味噌をかければ、 ふろふき大根になってしまうんでしょうか? 今回は寒い時期の人気料理、 おでんとふろふき大根の違いを紹介します。

ジンジャーエールの名前の由来と意味

ジンジャーエールといえば生姜を使った炭酸飲料ですね。 確かに生姜が原料の一つだから、 名前にジンジャーがつくのはわかりますが、 エールってなんでしょう? 今回は意外と知られていない、 ジンジャーエールの名前の由来や意味を解説します。

車椅子で入れる風呂のあるバリアフリーの宿と旅行のおすすめスポット 北関東

北関東には多くの名勝地があり、自然も豊かです。 温泉も豊富で各地で楽しむことができます。 自然と共に動物達と触れ合うことができるスポットも多く、 動物が好きな方にもおすすめです。 しかし、気になるのは宿や観光スポットのバリアフリー状況、 ちゃんと整備されていないのでは楽しめません。 車椅子の方も楽しめる北関東のおすすめスポットを紹介します。

車椅子で入れる風呂のあるバリアフリーの宿と旅行のおすすめスポット 淡路島

淡路島は瀬戸内海で最大の島です。 気候に恵まれて花の島とも呼ばれています。 おすすめ観光ポイントもたくさんで、ぜひ行ってみたい場所です。 でもケアが充実していないと車椅子での観光は難しいのでは? 安心してください、バリアフリーで楽しめる場所もちゃんとあるのです。 バリアフリーの宿とおすすめの旅行スポットを紹介します。

車椅子で入れる風呂のあるバリアフリーの宿と旅行のおすすめスポット 東海

東海地方は関東・関西からのアクセスがよく、 お泊りはもちろん日帰りでのレジャーも楽しむことができます。 子供と一緒に楽しめる温泉やおすすめスポットもたくさんありますので、 家族で過ごすのにもピッタリです。 車椅子でも楽しめる宿やおすすめスポットもありますので、紹介します。

車椅子で入れる風呂のある温泉旅行バリアフリーのおすすめ宿 東北宮城県

宿泊施設にバリアフリーの設備があれば車椅子を利用している方でも、 安心して旅行を存分に楽しむことができます。 でも、ただ宿泊するだけではちょっと物足りない、 車椅子でも温泉を利用できる宿泊施設かどうかが大事です。 バリアフリーの宿、車椅子でゆったりできる宿を紹介します。

グリーティングカードの封筒への入れ方♪正面はどっち向き?宛名の書き方

クリスマスや誕生日、バレンタインデーや、 何かの記念日などに送られるグリーティングカードは、 日本ではあまり馴染みがないですね。 そのため、封筒への入れ方や宛名の書き方も、 よく知らない人が多いです。 そこで今回は、グリーティングカードを送る際の、 封筒の入れ方や宛名の書き方を解説します。