ハロウィンのトラブル対応方法!突然の訪問には?気持ちよく参加しないために

日本でもハロウィンは毎年恒例のイベントになりましたが、 もともとは海外の風習なだけあって、正しいルールを知らずに、 トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。 特に多いのが、子供たちの突然の訪問。 見知らぬ子がいきなりやってきて、 お菓子をちょうだいと言われても困ってしまいますね。 そこで今回は、子供がハロウィンで突然訪問してきた場合、 どう対応していくとトラブルにならないかご紹介します。

戒名料ののし袋の書き方とマナー。お金は新札がいい?

お葬式のとき、葬儀社が段取りを組んでくれることが多いです、 しかし、お布施についてはいろいろと悩むところです。 お寺に聞いても「気持ちで」と言われることもありますし、 葬儀社に聞けばだいたいの金額を教えてくれる場合もあります。 金額が決まれば後は渡し方です。 色々と決まり事もありますので注意したいところです。 ここでは戒名料を納める際の決まり事について紹介します。

厄払いののし袋が中袋なしの場合の包み方と表と裏の書き方☆白い封筒なら?

厄年を迎えたならば、神社やお寺に行き厄払いを行います。 男性ならば25歳、42歳、61歳。 女性ならば19歳、33歳、37歳、61歳。 基本、それぞれの数え年で行うことが一般的ですが、 場合によっては満年齢で行うところもあります。 事前に確認しておきましょう。 それだけでは無く、いろいろと作法があります。 ここでは、納める初穂料の包み方について述べていきます。

四十九日のお供えのお返しの金額の目安やおすすめは?のしは何と書く?

仏教において亡くなった方は49日目に成仏するとされます。 正確には亡くなって7日ごと7回の追善供養がおこなわれますが、 現在は簡略化して7回目となる四十九日に法要を行います。 そのとき出席して頂いた際、御霊前としてお金を包んで頂くことがほとんどです。 その際のお礼としてお渡しするのが引き出物です。 どの様に準備すればいいのか、紹介いたします。

切った柿の渋抜きって冷凍でできる?冷凍後の柿を利用したおすすめレシピ

切った後の柿って渋抜きをすることは出来るんでしょうか? 美味しいかな?と思って柿を切ってみたところ、 渋かったということが時々ありますよね。 普通はヘタのところを焼酎に漬けておけば、 渋味が抜けるものですが、切ってからだとそれが不可能。 そこで、切った柿は冷凍してみましょう! すると渋抜きが出来るんだとか!? 今回は、切ってからでも渋抜きが出来る方法と、 冷凍した柿を使ったレシピを紹介します。

香典返しの挨拶状の封筒への入れ方と表書きの書き方/裏はどうする?

お葬式では様々なマナーや段取りがあります。 故人にとっては最初で最後の大事なことです、 送り出す側は気持ちを込めて無事お葬式を執り行いたいです。 特に、参列頂いた方々への気遣いは大切です。 香典返しの挨拶状にも気遣いは大事です、しっかりと考えて書いてください、 書き方、挨拶状の封筒への入れ方など、色々決まりごとがあります。 心のこもった、挨拶状をそえる際のマナーを紹介します。

地鎮祭の子供の服装は男の子と女の子春夏秋冬シーズンでどうする?

地鎮祭を行う際に、注意したいのは服装です。 大人の場合、 男性はスーツを、女性は少しフォーマル系の服装がよいですが、 最近は平服でもいいそうです しかし、子供の場合はどうしたらいいかと悩むことがあります。 ここでは地鎮祭のとき、子供はどのような服装がよいか紹介します。

地鎮祭の初穂料に新札は必須?お札のルールと新札に銀行以外で交換できる場所

家を新築する場合、地鎮祭を執り行うのが通例です。 最近では省略してしまう方も多いそうですが、 色々と気になる方はちゃんと地鎮祭をおこなうと安心できます。 その際納めることになる初穂料、これにルールがあります。 地鎮祭を行う際に、困らない様に覚えておきたい、 初穂料の納め方を紹介いたします。

りんごの冷凍と解凍の方法取説♪おすすめの食べ方とアレンジ術

りんごが安くてついつい買いすぎた時や、たくさん貰ったりして、 結局、腐ってしまいダメになってしまった、 そんなもったいないことをしてしまったことはありませんか? りんごの消費期限は2週間~1ヵ月といわれています。 品種によってはもっと保存できるものもありますが、 柔らかくなってしまったり、 水分が抜けて、実がスカスカになって不味くなります。 そんな時は冷凍して保存しておくことをススメします。 簡単ですので、覚えておくとよいですよ。

初穂料ののし袋や封筒はコンビニや100均で買える?行事別の最適な封筒って?

初穂料とは神社で行われる、 儀式、祈祷、祝詞などの祭祀における謝礼のことです。 神社等でおこなわれる儀式への感謝を表す大事なものであり、 心をこめて収めるものなので、のし袋や封筒はどうしたらよいのか? 気になるところです。 どのように準備して、どんな時に使えるのか、 紹介していきます。