潮干狩りで発泡スチロール箱の利用方法!生きたままの持ち帰り方と発送方法

苦労して潮干狩りで採った新鮮な貝を持ち帰る際、 ちょっと工夫しないとよい状態で生きたまま持ち帰ることができません。 そこで利用したいのが発泡スチロールの箱です。 きちんと手順を間違わなければ生きたまま貝を運ぶことができます。 上手に発泡スチロールを利用したならば大丈夫、 潮干狩りで採った貝を生きたまま運ぶことができるのです。 貝を生きたまま運ぶ発泡スチロールの使用方法を紹介します。

木更津の潮干狩りは雨でもできる?とれ具合は?子連れで持って行きたい持ち物

子供を連れたレジャーとして潮干狩りを楽しみたい時、 天気予報で木更津は雨となってしまった。 そんな雨の日に木更津では潮干狩りができるのか、 気になる取れ具合はどうなのか気になるところです。 楽しい潮干狩りですが、雨模様でもできるのか紹介します。

ガタリンピックの服装のおすすめは?種目別必勝法

佐賀県鹿島市にある有明海の干潟で行われるガタリンピック。 鹿島市の町おこしで、なんと1985年から毎年行われているのです。 オリンピックの様に様々な趣向をこらした、 ユニークな競技が干潟を利用してたくさん行われます。 ガタリンピックを盛り上げるためにはどのような服装がよいのか、 それぞれの競技で勝ちを目指すためにはどうしたらよいのか紹介します。

車椅子で入れる風呂のあるバリアフリーの宿と旅行のおすすめスポット 東北

東北は自然に恵まれていて四季を通じて様々な風景を楽しむことができ、 同じ場所でも訪れるたびに新しい発見があります。 各地で行われる夏の祭りを楽しめ、桜や紅葉をめでるのもよいです。 車椅子でも東北を楽しみたい。 バリアフリーで安心して温泉・観光旅行ができる、 車椅子でも不自由なく楽しめる宿や観光スポットを紹介します。

車椅子で入れる風呂のあるバリアフリーの宿と旅行のおすすめスポット 熱海

普段から車椅子生活の方は旅行することに不自由を感じ、 でかけること自体が難しく旅行を躊躇してしまいます。 でも最近はバリアフリーの宿や観光スポットも増えてきて、 車椅子の方にも安心して利用することができるのです。 車椅子でも楽しめる宿とおすすめスポットを紹介します。

ふろふき大根は何日持つ?保存方法と作り置きの日持ち

湯気がほんわかと上がってホッカホカのふろふき大根。 おいしいです! 冬になると大根料理は定番です、できれば大量に作って保存したいところ。 そこで気になるのがふろふき大根の保存期間はどれくらいなのか、 ふろふき大根を作り置きする場合の保存方法はどうしたらよいのか紹介します。

ふろふき大根の味噌だれは何日持つ?おすすめの保存方法

おいしいふろふき大根の決め手は味噌だれです。 しかし、意外と余っちゃうものでもあります。 味噌だれは風味が大事で、 保存するときに香りが飛ばないようにしたいです。 ふろふき大根に使うだけではなく、さまざまな利用法もあります。 上手に保存してふろふき大根の味噌だれを活用する方法を紹介していきます。