ローストビーフを再加熱で美味しく食べるには?余った時のリメイクの人気7選

ローストビーフって再加熱したら、 肉が硬くなって美味しくなくなりそうですね。 でも、ローストビーフは火加減が難しいから、 切ってみたらまだ生の状態だったということもあるでしょう。 ミディアムレアならまだ良いけれど、 完全なレアだとちょっと抵抗がありますよね。 ということで今回は、ローストビーフを美味しく再加熱する方法と、 余った時のリメイクレシピを紹介します。

ローストビーフの生焼け対処法!再加熱の場合は湯煎?オーブン?

ローストビーフは美味しいけれど、 とにかく火加減が難しい! 筆者も初めて作った時は、 中がまだ生焼けの状態でした…。 でも、生焼けになってしまっても、 対処法さえ知っておけば、何とかなりますよ! 今回はローストビーフが生焼けだった時の対処法と、 再加熱の仕方をご紹介します。

ローストビーフソースの日持ちはどのくらい?日持ちするソースのレシピ

ローストビーフにかけるソースって、 だいたいどのくらい日持ちするんでしょうか? 市販のソースでない限りは、 あまり長持ちしないような気がしますよね。 そこで今回は、ローストビーフのソースの賞味期限や、 日持ちするソースの作り方を紹介します。

らっきょう酢は再利用できる?漬け直しの使い回しやリメイク方法

らっきょう酢って、らっきょうを食べ終えたら、 何かに使えるんでしょうか? せっかくらっきょうの栄養が染み出ているのに、 捨ててしまうのはもったいないですよね。 そこで今回は、らっきょう酢のリメイク方法を大公開! らっきょうの栄養を余すことなく摂取できますよ。

プラバン製作にアクリル絵の具とレジンを使おう♪塗り方のコツ

プラスチックの板に油性ペンで絵をかいて、焼き上げる、 ちょっと出来上がりがいまいちでチープな子供の遊び。 でも最近のプラバンはクオリティが高い! 様々な工夫により着色の幅がひろがり、 キレイで表現豊かなアクセサリーを作ることができます。 市販のアクセサリーに負けないほどの作品を作ることも可能です。 アクリル絵の具とレジンを使ったプラバン製作方法を紹介します。

プラバンにマニキュアで着色するのは焼く前?後?その理由

プラバンの着色はマニキュアでも出来ますが、 焼く前と後、どちらに色付けするのが良いんでしょうか? マニキュアを使って色付けすると、 ラメ入りのプラバンが作れたりして、 とっても可愛いものができますよ! ただしそれには、きちんとマニキュアを使う場合の注意点を守ること。 今回は、プラバンの着色にマニキュアを使う際に、 必ず注意すべきことを紹介します。