プラバンの作り方 電子レンジでできる?焼き方とまっすぐするコツ

プラバン
プラバンは手軽にオリジナルのアクセサリーやキーホルダーが作れて人気です。

でも、縮み方で失敗したり・・・。

そこで、プラバンのちょっとしたコツや電子レンジでのことなどお伝えします。

スポンサードリンク

プラバンの作り方 電子レンジでできる?

プラバンを作る時、注意書きにはいつも
電子レンジやオーブンではできません。トースターで・・・
と書いてありますよね。

でも、トースターがなかったら?

電子レンジで出来ないかな?となりますよね。

実は電子レンジでもオーブン機能やトースター機能があればプラバンは出来ます。

電子レンジのオーブン機能(オーブンレンジ)で作る場合は
余熱なしで200℃で7分ほど焼きます。(レンジによって個体差有)

余熱をする場合は2分ほどで出来ます。

電子レンジのオーブン機能で作る場合は
クッキングペーパーを下にひくといいですよ。

プラ板の焼き方のコツ

電子レンジのオーブン機能で作る場合でも、トースターで作る場合でも、
失敗を防ぎたかったら余熱をちゃんとしましょう。

プラバンを熱するとまるまって来て、あまりのまるまり具合に驚いて
早々に出してしまうのが失敗の第一の要因です。

まるまってきても、少々我慢して待ちましょう。

スポンサードリンク

そうすると、まるまりきったプラバンがだんだん開いてきて、
動かなくなってきます。

そうしたら、取り出して重たい本などをのせて冷えるまで待ちます。

プラバンを均一に縮ませるコツは、何と言っても余熱をすること。

熱のムラをなくすことで、きれいに仕上がります。

プラバンをまっすぐするコツ

ちゃんとプラバンは伸びてきたけど、まっすぐじゃない場合、
まっすぐにするコツは、プラバンが温かいうちに重いもので重石をすること。

重石と言っても、辞典や百貨店などの重い本で十分です。

電子レンジのオーブン機能やトースターでプラバンを作る時、
実は便利なのがクッキングシート。

熱し終わって取り出す時もクッキングシートごと取り出して、
上にもクッキングシートをかけてプレスしましょう。

でも、プラバンをまっすぐにするにはスピードが大切です。

熱したプラバンが開いて動かなくなったら、素早く取り出して、
素早く重石をして下さいね。

形によってはくるくる丸まりすぎて引っ付きそうになることもあるので、
その時には、すぐにお箸でひっくり返して焼きましょう。

プラバンを焼くときには目を離さないのが大切ですよ!

まとめ

プラバン、最近はアクセサリーを作ったりするのでも流行ってますね。

初めて作ったのは小学生の時なんですが、縮む姿にびっくりして、
慌てて取り出して失敗した苦い思い出があります。

なので、慌てないでしっかり待ってくださいね!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    すごく分かりやすいです。

  2. 匿名 より:

    私は、自由研究でプラ板を作ろうと思ったんですが、このサイトを見てとってもワクワクしてきました!

  3. 三代目最高❗ より:

    私の家はオーブントースターがないので友達に作ってもらっていました。でも、この記事を読んで電子レンジで作れることを知ったのでぜひ作ってみたいです。

  4. 魔理沙大好き より:

    初めてやって、失敗しないか心配だったけど、このサイトのおかげでうまくできました!ありがとうございました!

  5. ありがとうくん より:

    ありがとうございます。゚(゚^o^゚)゚。おかげさまでプラ板が出来ました作り方が分かったのでこれからも作って行きたいです! 趣味になってしまうかもwww٩(*ˊᗜˋ*)/