クリスマスペープサートの作り方と題材にしやすいおすすめ絵本

紙で作った人形劇、ペープサートをクリスマスにやってみませんか?

でも、作り方やどんなストーリーにすれば良いか、
よく分からないですよね。

そこで今回は、子供たちが喜ぶ、
クリスマスペープサートの作り方と、
題材にできる絵本を紹介します。

スポンサードリンク

クリスマスペープサートの作り方

ペープサートは紙人形なので、
まず紙に登場人物のイラストを描きます。

前と後ろ姿を1枚ずつ、そして題材によって、
登場人物の表情が変わったイラストなども用意しておきましょう。


あとは紙を登場人物のイラストに沿って切り、
割り箸やストローなどの棒状のものに、
前姿、後ろ姿のイラストを貼り付ければOK!

くるっと反転させれば、キャラクターが前からみた姿と、
後ろ姿に簡単に切り替えられますね。


文章だけだとイメージ出来ない人もいると思うので、
ペープサートの作り方が見られる動画のリンクも貼っておきますね。


キャラクターを描くのが苦手だったら、
イラストをプリントアウトした紙で人形を作ったりすると良いですよ。


クリスマスペープサートなら、サンタクロースやトナカイ、
雪だるま、子供などのイラストが描かれた紙を使うのがおすすめ。

普通の人形ではなくイラストから作った紙の人形だから、
シーンに合わせた表情の紙人形を用意しておけば、
より見ている子たちがストーリーに引き込まれますね!

クリスマスペープサートの題材にしやすいおすすめ絵本

せっかくクリスマスにペープサートをしてみるなら、
クリスマスっぽい題材が良いですよね。

ということで、ペープサートの題材におすすめしたい絵本を、
数ある中から厳選して紹介していきます。

・ぐりとぐらのおきゃくさま

絵本で人気のシリーズですね!

ぐりとぐらって、比較的イラストが描きやすくないですか?

しかもクリスマスにぴったりの内容なので、
かなりイチオシの絵本です。

・子うさぎましろのお話

わたしも子供の頃に読んだ絵本です。

サンタクロースにウソをついてしまった子うさぎは、
一体どうなってしまう…?

登場人物の少なさや可愛らしさ、ウソと罰について学べるストーリー、
どれを取ってもペープサートにおすすめの題材です。

スポンサードリンク

・ノンタン!サンタクロースだよ

ノンタンのシリーズも子供たちに大人気ですね。

イラストも描きやすいし、きっと子供たちを楽しませるでしょう。


ご紹介した絵本以外でもペープサートで面白そうな絵本が色々あります。

本屋さんで色々見ながら決めるのが一番いいのかもしれませんが、
なかなか時間がとれませんよね。

そこでおすすめしたいのが絵本ナビ

絵本児童書図鑑のうち7,000冊以上が一部ためしよみが出来る上、
1,700冊以上が一冊丸ごと全ページ読むことができます。

個人的な全ページ試し読みのおすすめは
いもとようこさんの”ありがとう”。
こぎつねちゃんとのほんわかワールドが大好きなんです。

絵本ナビは年齢ごとのおすすめ絵本もわかる上に本のレヴューが
大手通販のレヴューよりもしっかり書かれているので
参考にしやすいですよ。



まとめ

クリスマスにはぜひ子供たちを楽しませるために、
ペープサートをしてみてはいかがでしょうか?

イラストを描いて切り抜き、割り箸などに貼り付ければ、
簡単に登場人物の人形が完成!

きっと子供たちの良い思い出になりますよ!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket