初穂料一覧

安産祈願の初穂料は白封筒でいい?書き方と初穂料の相場

安産祈願の時の初穂料(祈祷料)って、 財布から出してその場で渡すのではなく、 きちんと封筒に入れて持って行くのがマナー。 でもその時の封筒って、白封筒で大丈夫なんでしょうか? 茶封筒だと会社みたいになってしまいそうだし…。 今回は、安産祈願の初穂料の支払い方や相場、 封筒の書き方を詳しく紹介していきます。 安産祈願を考えているのでしたら、 ぜひ覚えておきましょう。

安産祈願の初穂料は誰が払う?その後の食事会は?

安産祈願の初穂料って、一体誰が支払うものなんでしょうか? 単純に考えれば、妊婦さんとその旦那さんが払うべき、 と思いますよね。 でも、産まれてくる子のおじいちゃんおばあちゃんが支払いを申し出るかも。 ただしそうなると、 夫婦どちらの両親が初穂料を負担することになるんでしょうか? 今回はそんな、安産祈願の初穂料は、 誰が支払うべきなのかを紹介します。

地鎮祭の初穂料の連名の書き方と名前の順番!封筒は何がいい?

地鎮祭で神主さんに納める初穂料って、 連名で書く時はどんな順番が正解なんでしょうか? 一家の場合は夫の名前が最初? 連名って、ちょっと書き方に悩みますよね…。 そこで今回は、地鎮祭を行うご家庭なら絶対に知っておきたい、 初穂料の連名の書き方と包むのに適した封筒を解説します。

地鎮祭の初穂料を渡すタイミングと納め方のルール

地鎮祭を執り行う場合、初穂料っていつ渡すものなんでしょうか? 始まる前なのか、地鎮祭が終わった後なのか…。 ルールをしっかり把握しておかないと、 恥ずかしい思いをしてしまいそうですよね。 そこで今回は、地鎮祭を初めて経験する人のために、 初穂料を神主さんへ渡すタイミングやルールをご紹介! ぜひ覚えておくようにしましょう。

初穂料ののし袋や封筒はコンビニや100均で買える?行事別の最適な封筒って?

初穂料とは神社で行われる、 儀式、祈祷、祝詞などの祭祀における謝礼のことです。 神社等でおこなわれる儀式への感謝を表す大事なものであり、 心をこめて収めるものなので、のし袋や封筒はどうしたらよいのか? 気になるところです。 どのように準備して、どんな時に使えるのか、 紹介していきます。

初穂料の封筒に糊付けや〆は必要?白封筒の場合は?封シールでもいい?

お宮参り、七五三、地鎮祭など、そのときに納めるのが、初穂料といいます。 その初穂料を神社に納める時、いろいろとルールがあるようで、 さまざま思い悩むことがあります。 後で、「しまった!」と思わないように、事前に知っておきたいです。 ここでは初穂料を納める際の、封筒の扱い方を紹介します。