豆知識一覧

柿の長期保存方法7選!渋抜き済み?簡単お手軽なのは?

秋の味覚、柿には色々な種類があります、 甘い柿はもちろんですが、柿のなかには渋い柿もあります。 どちらでも、柿は収穫するとどんどん熟していきます。 特に、常温で保存するとあっという間に熟します。 そんな、保存の難しい柿の上手な保存方法を、 また、渋みの抜き方と共にご紹介いたします。

切った渋柿の渋抜き方法3選!早いのは?食べごろの見極め方

秋になると、色々な食べ物が旬を迎え、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いのではないでしょうか? 食べ過ぎて毎年太ってしまう。なんて人もいるかと思います。 その中でも柿は甘くておいしいですよね。 そんな柿ですが、「甘柿」だと思って皮を剥いて、切って、口にして初めて「渋柿」だった。なんて経験された方もいるのではないでしょうか。 渋いからといって捨ててしまうのはもったいないですよね。そんな時の渋柿の渋抜き方法について紹介します。

柿の種のカロリーはピーナッツ抜きだったら? わさび味や梅味は違う?

お酒を飲む際は、つまみが欠かせないですよね。 なかでも、柿の種は味の種類もあり、ピリッとしておいしくお酒にもよく合うので、お酒を飲む際はよく食べるという方も多いのではないでしょうか? そんな柿の種ですが、ほとんどの商品がピーナッツと一緒に 入っていますよね。 女性の方などは、お酒を飲んでいる時でも食べ物のカロリーなどはやはり気になりますよね。 なので、柿の種のピーナッツ抜きのカロリーや他の味とのカロリーの違いについて紹介します。

りんごを冷凍した場合の栄養価とカロリー♪冷凍前と比較!

りんごには多くの栄養素が含まれ、健康的なフルーツです。 カロリー低く、体重が気になる人に向いています、 ダイエットしたい時に取りたいフルーツです。 そのまま頂くのが一番と思われる方もいらっしゃいますが、 冷凍することによって、栄養素的に良いこともあります。 沢山りんごを頂くこともあります。そんなときは、 思い切って冷凍してしまうのはどうですか? 栄養素が、冷凍することによってどう変化するのか紹介します。

鮭の冷凍保存できる期間は?解凍後のおすすめ調理方法とレシピ

鮭はみんなの人気者。 朝食はもちろんですが、 お弁当や夕ごはん、 どんな時にでも、献立に悩んだら鮭! それくらい、鮭は身近で手軽なおかずです。 つねに冷蔵庫にあると便利です。 和食はもちろん、中華や洋食も、 レシピがたくさんあります。 その鮭、冷凍にしてストックしてみませんか? 保存期限はどれくらいなのか、 じょうずな解凍方法は? ちゃんと把握すれば、 じょうずにストックできますよ! それでは、おいしい食べ方と共に、 じょうずな、冷凍、解凍、の方法をご紹介いたします。

りんごの冷凍と解凍の方法取説♪おすすめの食べ方とアレンジ術

りんごが安くてついつい買いすぎた時や、たくさん貰ったりして、 結局、腐ってしまいダメになってしまった、 そんなもったいないことをしてしまったことはありませんか? りんごの消費期限は2週間~1ヵ月といわれています。 品種によってはもっと保存できるものもありますが、 柔らかくなってしまったり、 水分が抜けて、実がスカスカになって不味くなります。 そんな時は冷凍して保存しておくことをススメします。 簡単ですので、覚えておくとよいですよ。

初穂料ののし袋や封筒はコンビニや100均で買える?行事別の最適な封筒って?

初穂料とは神社で行われる、 儀式、祈祷、祝詞などの祭祀における謝礼のことです。 神社等でおこなわれる儀式への感謝を表す大事なものであり、 心をこめて収めるものなので、のし袋や封筒はどうしたらよいのか? 気になるところです。 どのように準備して、どんな時に使えるのか、 紹介していきます。

初穂料の封筒に糊付けや〆は必要?白封筒の場合は?封シールでもいい?

お宮参り、七五三、地鎮祭など、そのときに納めるのが、初穂料といいます。 その初穂料を神社に納める時、いろいろとルールがあるようで、 さまざま思い悩むことがあります。 後で、「しまった!」と思わないように、事前に知っておきたいです。 ここでは初穂料を納める際の、封筒の扱い方を紹介します。

セロリの大量保存で簡単なのは?スープや漬物以外のレシピと保存食

大量にあるセロリを美味しく保存するには、 一体どうすれば良いんでしょうか? そのまま冷蔵庫に入れる?それともカットして冷凍する? また、セロリが大量にある場合、悩むのが消費の仕方ですね。 セロリってスープやピクルスなどに使うイメージでしたが、 他にはどんな料理に使えるもの? 今回は、セロリの正しい保存方法と、 大量にある時の消費レシピを紹介します。

りんごのコンポートの日持ちは?保存は冷蔵庫と冷凍庫でどのくらいもつ?

あまくておいしいデザート、りんごのコンポート。 ちょっとこのりんごには、甘みがたりないかなぁ~、 そう思ったならば、ぜひリンゴのコンポートへ。 レシピ自体は簡単なので、そのまま食べられない分は、 りんごのコンポートを作って、まとめて保存してみたらいかがですか? いっぱい出来上がった、リンゴのコンポートの上手な保存方法、 冷蔵と冷凍の二通りの方法を、ご紹介いたします。