らっきょうはいつ食べるのが効果的?栄養成分や効能について

カレーの付け合わせで定番のらっきょうですが、
どんな栄養があって、いつ食べるとその効果を得られるんでしょうか?

ダイエット効果もあると耳にしましたが、
果たしてその真相は?

今回はらっきょうの効果や栄養成分などについて解説します。

スポンサードリンク

らっきょうはいつ食べるのが効果的?

実はらっきょうを食べると、
ダイエット効果が得られるんですよ!


方法としては、食事の前にらっきょうを食べること。

本来なら、生のらっきょうが一番いいのですが、
カレーの付け合わせで食べるような、甘酢漬けのらっきょうでOK!

大粒のらっきょうなら1日3粒、
小粒なら4~5粒食べるのが摂取量の目安です。


つまり大粒らっきょうの場合は、
毎食前に1粒ずつ、らっきょうを食べると良いんですね。


ただし、甘酢漬けにしてあるらっきょうの場合は、
栄養成分が甘酢液に流れ出てしまっていることがあります。

しっかりとらっきょうの成分を摂るためにも、
出来ればらっきょう粒を食べると同時に、甘酢液も大さじ1杯くらい、
一緒に摂るようにすると良いですよ。


ところで、なぜらっきょうを食前に摂るとダイエットになるかというと、
食物繊維をまず最初に摂取できるからなんです。

食事の前にらっきょうが持つ食物繊維を摂ることで、
その後ご飯を普通に食べても、血糖値の上昇を抑えられるため、
脂肪を蓄積しにくくなります。

しかも、食物繊維はお通じにも良いので、
便秘によるお腹の張りも解消してくれますよ!

スポンサードリンク

らっきょうの栄養成分や効能について

らっきょうには血中のコレステロールを除去したり、
脂肪を分解してくれるサポニンという成分が入っています。

しかもこのサポニン、血液もサラサラにしてくれるので、
動脈硬化の予防も期待できますね。


また、らっきょうが持つアミノ酸は、
細胞を活性化させて、代謝を上げる効果を持ちます。


代謝がアップすれば、より痩せやすい体になるので、
ダイエットにピッタリの栄養成分ですね。

疲労回復効果のあるビタミンB1も含まれているので、
疲れた時にもおすすめ。


そして、先ほども説明したように、
らっきょうは食物繊維が豊富なので、
お通じの改善にピッタリですよ。

腸内環境が改善されれば、
肌ツヤも良くなるとされているので、
美容にもとっても効果的!


わたしはカレーにはらっきょうよりも福神漬け派でしたが、
らっきょうも良いものだな、と思い始めました(笑)。

簡単だし健康にいいので、
ぜひらっきょうダイエットを試してみてくださいね!

まとめ

らっきょうは食前に食べることで、
血糖値の上昇を抑えて、太りにくい体にしてくれます。

コレステロール抑制効果を持つサポニンや、
食物繊維がたくさん含まれているので、
意外とらっきょうって、ダイエットに適した食べ物だったんですね!


カレーの時だけでなく、普段の食事にも、
らっきょうを取り入れていくことをおすすめします。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする