vリーグ選手の給料は?最高額の選手はいくら?気になる仕事内容

日本のバレー界はプロ選手が非常に少ないです。

どうやって生活するの?
→ 企業に入社して、給料を貰うのです。

Vリーグは日本で最上位リーグですが、プロリーグではありません。

残念ながら、バレーボールだけでやっていける選手は、
非常に少ないのが現状です。

Vリーグ選手たちの給料はどうなっているのか?
仕事内容はどのようなことになっているのか?
気になるところを紹介します。

スポンサードリンク

vリーグ選手の給料は?最高額の選手はいくら?

えっ!と思うかもしれませんが、社員として入社した場合、
他の社員とほぼ同額の給料が与えられます。

手当などが付く場合が多いので、
他の社員とはいくらか差が出ますが、ほぼ変わらないです。

月収20~40万円くらいですね。


ちょっと夢が無い話ですが、これが現実です。

嘱託契約の場合もほぼ同額の給料が与えられます、
そして、バレーボールに専念することができますが、
1年ごとの契約で、その後の保証は何もありません。


バレーボールを愛していなければ、
日本のバレーボール界でやっていくことは難しいです。

少数ですが、プロ選手になって世界からオファーがくれば、
年俸は一気に上がります。


最高額の選手はやはり海外で活躍した選手です。


木村沙織選手は1億円以上といわれています、
ただし、公表されてはいませんので、あくまで参考です。

日本での選手待遇の向上を願いたいです。

vリーグ選手の気になる仕事内容

社員として入社している選手がほとんどです、
仕事も同じようにしなくてはなりません。

スポンサードリンク

Vプレミアリーグの選手となれば優遇されることもありますが、
ほとんどの場合、仕事にもつくことになります。


バレーボール選手として認知されているので、
仕事は比較的簡単なものを与えられることが多いです。

引退後、会社を辞めることになる場合も多いので、
こつこつ貯金している選手も少なくありません。


とても厳しい世界です。


収入を考えたらプロを目指す道がもっともふさわしいです。

しかし、最低でも全日本クラスでなければ、意味がありません。


チームでの契約金のほかに、
スポンサー収入やTV出演料、イベント開催も期待できます。

それでも1000万円ほどの収入です。


できるだけ選手にはバレーボールに集中して欲しい、
そう思うファンが多いはずです。

企業の広告塔としての意味も強いのですから、
活躍した選手にはどんどん報酬が与えられればうれしいです。


そのためにはバレーボール人気が上がることが必須です。

正直、コートで輝いている選手が、
会社でコピー取りや書類整理などの仕事をしている所を見たく無いです。


私たちファンは、試合やイベントなど華やかな部分を中心に見ていますが、
実際は相当苦労しているはずです。

バレーボール界における選手の待遇が改善されるように、
もっと応援していきましょう!

まとめ

バレーボールが出来てお金を貰えるのだから、
それ以上何を望むの?

1000万円も貰えてうらやましい。

そういった意見もあると思います、
しかし、他のスポーツ選手と比べれば相当低いです。


バレーボール界がもっと認知され、
多くの選手が独立して活動できるようになって欲しいです。

職業はバレーボールです。

そんな選手が増えてくればよいですね。

現状の選手が普通の会社員だったとは、
しかし、それが現実です。

頑張っている選手を熱く応援していきましょう!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする