母乳に ノンアルコールのビールの影響はどうでるのか

スポンサードリンク

ビール

妊娠中、授乳中は禁酒!!
と言われても、母乳育児をしていても、ビールが飲みたい!と思ってしまうことぐらいありますよね。

スポンサードリンク

ヨーロッパでは昔は授乳中は母乳をたくさん出すためにビールをたくさん飲むように言われていたらしいです。
だからと言って、授乳中にふつうのビールを飲むと今の常識ではいけない訳で。。。

アルコールを赤ちゃんが摂取することがいけないんだから、じゃあ、ノンアルコールのビールだったらいいよね!

と思ってしまいますよね。

だって、旦那さんやお友達がおいしそうに飲んでいたら、お酒好きだった人には一種の拷問ですし。

 

なぜ、授乳中にアルコールを取ってはダメ?

授乳中にアルコールを摂取するということは、母乳は血液でできているので、血中アルコールをそのまま赤ちゃんに飲ませていることに!

赤ちゃんはまだ内臓の機能が整っていないため、アルコールを分解する能力がありません。
ということは、アルコール中毒による発育不良など、問題がおこる可能性があるのです。

しかし、通常、アルコールを摂取した後30~60分で母乳からアルコールが検出されると言われていて、血中アルコール濃度が0,006%以下(体重50キロの人がビール500ml程度を飲んだ状態)なら、赤ちゃんにあまり影響がないと言われています。

そして、缶ビール1本程度なら、ビールを飲んでから2時間半ほどでアルコールが体内から抜けていますので、授乳を済ませてからビールを飲んで、その後3時間ほど開ければ大丈夫と言えますね。

でも、気になる人は一度搾乳してから母乳を与えるという選択肢もありますね。

 

授乳中にノンアルコールビールでもダメという人がいるのはなぜ?

ノンアルコールビールは実は完璧にアルコールが入っていない訳ではないからです。

ノンアルコールビールだからと言って、たくさん飲んでしまうと、普通のビールを少量飲んだのと同じほどのアルコールを摂取してしまいます。

だから、疑わしくば飲むな。と言うことですね。

確かに、食品添加物も気になりますし、一時のこと、飲まないに越したことはないのかもしれません。

双方のことを加味して、わたしの場合ですが。。。

 

まとめ

わたしは今、4か月の赤ちゃんがいますが、1週間に1回ほどはノンアルコールビールを飲んでいます。
だらだら、毎日飲むのはどうかな?と思いますが、ストレスがたまるほうがいけないと思うので。

その時に飲むノンアルコールビールは必ず0.5%よりも低いアルコール度のものを飲んでいます。
ノンアルコールビールと言っても完全にアルコールが入っていないものはないので。

ストレスが溜まってしまっては、かわいい赤ちゃんのお世話も辛くなってしまいます。

お母さんも赤ちゃんも幸せ♡

と感じられるように、自分の納得のいく方向で行けばいいのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

離乳食の塩鮭の塩抜き方法を赤ちゃんの離乳食で!簡単レシピアレンジ
赤ちゃんの水遊びはいつから?どんな格好がいい?喜ぶおもちゃって?
ひな祭りに離乳食でデザート☆簡単に作れてひな祭り気分を盛り上げよう♪
ゴールデンウィークのイベント 子供連れで楽しめる関西のスポット!
乳児のインフルエンザの症状と対処法 
小学校の入学式にもOKな女の子の髪型のアレンジ☆ロングの場合
アロマオイルで虫除けを赤ちゃんに!効果があるのは?その作り方
母乳が4ヶ月児に足りないかも?母乳で頑張る対策
恵方巻きのレシピde子供用 子どもが楽しんで食べれる簡単レシピ
授乳の服装、冬は?授乳服を買わないテクニック
父の日のプレゼントを手作りで 幼児が製作♪1歳の子でも出来ちゃう物
赤ちゃんの散歩時の紫外線対策!ベビーカーでも日焼け止めっている?
ランドセルの選び方を素材で考える!人気は?耐久性を比較
長距離ドライブを赤ちゃんと!ドライブ必需品とおすすめおもちゃ
オムツのテープ式からパンツ式の替え時とうんちの時の替え方と服装

Menu

HOME

TOP