海外発送できない楽天やアマゾンでの買い物を海外にいながら楽しむ方法

海外で暮らしていると、日本の商品が買いたい!と言う衝動に駆られることが多々あります。

日本の商品って、便利だしコスパも良いし。

でも、楽天やアマゾンでお気に入りの商品が見つかっても、海外配送をしてくれない場合がありますよね。

そんな時、日本にいる両親や兄弟、知り合いに送ってもらうように頼むのも手ですが、

いつもいつも手間を取らせるのは気が引ける。。。

そんな時に便利なのが

スポンサードリンク

転送コムです。

転送コムとは自分専用の日本の住所をもらい、その住所に送って所定の手続きをすれば、日本のショップでお買い物をした商品を海外の住所に転送するサービスを行っている海外発送の代行をしてくれるサービスです。

もちろん、何でもすべてのものが配送対象ではありません。個人情報などの入った書類やクレジットカード、なま物、法律に触れるものなどは海外に転送することを拒否されてしまいますが、普通に自分で海外に郵送するものはほとんどOKです。

わたしが転送コムで気に入っているのは、おまとめ梱包と言って、楽天やアマゾン、ヤフーショッピング、ヤフオクなどで買った商品を一括で海外にまとめて送ってもらえることです。だって、一つ一つ配送してもらっていては、送料だけですごいことになってしまいますからね。

3~4店舗一緒にまとめて送ってもらうだけで、4~5千円送料がお得になるんですよ。

スポンサードリンク

おまとめ梱包ができない場合もあるのですが、わたしは授乳服やベビー用品を楽天のスーパーセールで購入し、まとめて送ってもらいました。

<おまとめ梱包が出来ない場合>

1,転送コム倉庫に荷物が到着してから30日以上が経過してしまった場合
2,荷物の総重量が20kg以上の場合
3,荷物の内容品価格の合計が20万円以上の場合
4,荷物のインボイス情報に内容品価格0円と表記されているものが1つでもある場合

でも、4の場合は商品が転送コムに届いてから商品の情報を記入する欄に価格を入れれば大丈夫です。
実際に領収書など入れてないショップの場合、商品価格0円で商品情報が記入されるので、訂正をしなければなりません。

あと、商品価格をそのままで日本から配送してもらうと、税関でとてつもない金額の関税がかけられることがあります。

イタリアでは一つの荷物につき、内容物の価値が40ユーロを超える場合に課税対象となります。これはパーソナルな荷物やプレゼントででもです。

わたしは多額の課税が嫌だったので、商品価格を変更しました。と言っても、ショップからの買い物なので極端に安くするのも問題かと思い、総額8千円くらいに収めました。それで、商品が届いた時に税関での課税分として31ユーロ支払いました。

次の時はもう少し安く書かないとな。。。とは思いましたが、気軽に日本のネットショッピングが楽しめるので、

転送コム、利用価値大です。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket