老犬の夏バテにおすすめの食事は?食べない時の食べさせ方の工夫例

老犬になると、どうしてもエサの食いつきが悪くなります。

だからと言って、それで良いわけではありません、
もしかしたら、それは病気や夏バテかもしれません。

暑い夏は人間もたいへんですが、
それ以上に、老犬は暑さがつらいはずです。

夏バテに負けないように、体力をつけるためには、
日々の食事が大事です。

食事にひと手間かけましょう。

これから、夏を一緒に乗り越える方法を紹介します。

スポンサードリンク

老犬の夏バテにおすすめの食事は?

老犬になると、体力も落ちていきますし、
夏バテや、熱中症にもなりやすくなってきます。

人間以上にデリケートと言えるかもしれません、
食事には、特に気を付けてあげたいです。

ちょっと調子が落ちてきているな、そう感じた時、
おすすめの食事とはどんなものがいのでしょう?


まずは水分です。

熱中症予防のためにも、大事です、
積極的に水分を与え、脱水状態にならないように!

ドライフードばかりを日常的に与えているならば、
水でふやかしてあげて食べさせたりするのがよいです。


手作りのエサもよいです。

ささみ肉を茹でたものなどは、水分もとれますし、
脂分が低いのでとてもよいです。


老犬に必要な栄養素がたっぷりなのは、
生肉や生臓物などです、大事な動物性脂肪です。

消化が良くて、とても素晴らしい栄養源となります。

老犬が夏バテで食べない時の食べさせ方の工夫例

スポンサードリンク

ドライフードを食べさせるのならば、先に述べたように、
水でふやかしてあげるとよいです。

肉をゆでた、ゆで汁をかけてあげるのもいいですね。


それでも、なかなか食べてくれない場合は、
食事の回数を増やしてみてください。

もちろん、同じ量を何度もあげるのではなく、
総量が普段の食事量になるように気を付けてください。

いちどに食べるよりも、すこしずつたべさせれば、
内蔵への負担も少なくなり一石二鳥です。

普段から好きな物を把握しておくと、なおよいです。


好きな物にプラスして、水やスープを合わせると、
食いつきがよくなりますし、水分補給になります。

ウエットフードも好んで食べるのであれば、
ドライフードからウエットフードへ替えましょう。


また、おやつが好きな犬もいます、だからと言って、
おやつばかり食べさせるのはよくありません。

おやつはフードに比べて水分が少ないので、
食事のかわりに、好きなだけ食べさせてはいけません。

消化吸収が悪い物が多く、消化不良の原因になります。

まとめ

老犬になると、色々なところが弱ってきます。

だいたい7~8歳ぐらいからが老犬にあたります、
自然と運動量も減り、元気がないと感じる時が多くなります。

普段からこまめにスキンシップをとり、よく観察してください、
それが大事です。

いつも以上に元気がなさそうだとか、
エサの食べ方が鈍いなど、早めに気付いてあげることが大事です。

夏バテしないように、お互い美味しい物をいっぱい食べて、
元気に夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする