温泉を車椅子でも楽しめるバリアフリーのおすすめ宿 関東・関西

スポンサードリンク

温泉 車椅子

足が悪くて車椅子に乗るようになると、健常者にとっては感じない
色々不便を感じます。

せっかく、温泉に行って家族と楽しもうと思っても、
てすりがちょっとついているだけで、バリアフリーの
対策をしていると案内されているところもありますよね。

そこで、車椅子でも温泉を堪能できるバリアフリーの
おすすめの宿をご紹介します。

スポンサードリンク

温泉を車椅子でも楽しめるバリアフリーの宿って?

車椅子に乗っている家族と温泉宿(ホテルでも)でお風呂を堪能するなら、
バリアフリーの温泉でないと困ってしまいますよね。

でも、実際にバリアフリーと言っても、
バリアフリーと言っても車椅子を利用している人にも、
介助をしている人にも優しい施設と言うのは一握り。

しかも、高齢で車椅子に乗っている場合、
お風呂場に車椅子で乗り込めず、
手すりのみで歩いて入らなかければいけないようだと、
握力もバランスをとる力も衰えている上に、
介助が小さい女性のみで・・・
なんて言う状況だと温泉を楽しむどころではなくなります。

バリアフリー対応の部屋があり、
館内に入る時も段差がなく、
館内の移動も楽にでき、
車椅子対応のトイレがあり、
バリアフリーの貸し切り温泉か、
リフトなどの介護機能付きの温泉がある

車椅子を利用していても、しっかり温泉も楽しめると言うことが
バリアフリーの宿の条件としました。

全国的に見て、かんぽの宿はなど公共の宿はバリアフリーが進んでいますが、
おすすめのバリアフリーの宿を関西、関東に分けてご紹介します。

 

バリアフリーの温泉で車椅子でもゆったりできる関東の宿

関東周辺のバリアフリーのおすすめの宿です。

 

浅間温泉 玉の湯

〒390-0303 長野県松本市浅間温泉1-28-16
tel:0263-46-0573

リフト設置の貸し切り露天風呂には車椅子用のトイレが併設されていたり、
売店の売り物が車椅子の人でも見やすいように低く見せてあったりと、
細やかな心配りが光ります。

貸し切り風呂の他にも、バリアフリー対応のお部屋に露天風呂がついた
露天風呂付き和洋室もあり、部屋からお風呂の用意をもって移動しなくても
露天風呂に入れるのはうれしいですね。

泉質は単純泉で筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、五十肩、神経痛、運動麻痺、
慢性消化器病、病後回復期、うちみ痔疾、冷え性、疲労回復、健康増進などに
良いとされています。

 

富士レークホテル

〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1
tel:0555-72-2209


平成23年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者賞を受賞したホテルで、
館内全体がバリアフリーに対応する姿勢で気持ちがいいです。

貸し切り風呂も富士山がみえるお風呂と、河口湖が見えるお風呂の2か所設置されていて、
入浴介助用のリフトも設置されています。

ホテル側が入浴介助の手伝いはしませんが、事前(1か月ほど前)に連絡を取っておけば、
入浴介助のためのヘルパー派遣の手配も行ってくれます。

食べものも、ユニバーサルデザインを推進しているので、
刻み食やミキサー食の対応もしてもらえますよ。

あと、到着した時にお部屋のお風呂にお湯がはってある心遣いもうれしいです。

泉質はナトリウム・カルシウム硫酸塩酸泉で、切り傷、やけど、動脈硬化症、
慢性皮膚病などに良いとされています。

 

かんぽの宿 石和

〒406-0021 山梨県笛吹市石和町松本348-1
tel:055-262-3755

介護支援電動付ベットのついたバリアフリー対応の客室もあります。

貸し切りの家族風呂は介護用吊り式リフトがついていて、
浴室用車椅子やシャワーチェアやステップ台が備え付けてあります。

泉質は単純泉で神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
打ち身、くじき、慢性消化器病などに良いとされています。

 

ホテルサンバレー伊豆長岡

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡659(本館)
tel: 055-948-3800


ホテルサンバレー伊豆長岡の本館ではなく、
”和楽”にバリアフリー対応のお部屋があります。

介護用吊り式リフトのついた貸し切り露天風呂もあり、
全面ヒノキ張りのお風呂でゆっくりできます。

ただ、2室しかないのでオンラインではなく、
電話で予約をした方が安心です。

泉質は単純泉で、神経痛リウマチや神経痛、疲労回復などに良いとされています。

 

バリアフリーの温泉で車椅子でもゆったりできる関西の宿

関西周辺のおすすめの宿です。

 

かんぽの宿 彦根

〒522-0002 滋賀県彦根市松原町3759
tel:0749-22-8090

バリアフリーの進むかんぽの宿の中でも、特におすすめなのが”かんぽの宿 彦根”

バリアフリー対応のお部屋についているお風呂は源泉ではありませんが、
貸し切り風呂の介護機能付家族風呂は露天風呂もついていて、
浴室用の車椅子も備え付けられています。

貸し切り風呂は予約が必要ですが、宿泊する場合、障害者手帳を持っていれば、
本人と要介護者は無料で利用できます。

泉質は単純温泉で神経痛や関節痛、冷え性、疲労回復に良いとされています。

 

ホテル古賀ノ井

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3753
tel:0739-42-2922


バリアフリー対応のお部屋で食事を楽しむことも出来、
車椅子のまま入浴できる貸し切り風呂があります。

泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉で、神経痛、関節痛、関節のこわばり、
運動麻痺、筋肉痛、五十肩、冷え性、病後回復などに良いとされています。

 

まとめ

バリアフリー対応のお部屋を用意している宿も増えてきていますが、
健常者が考えるバリアフリー対応のお部屋やお風呂だな。と
思うところもたくさん。

体が不自由だからこそ、気軽に温泉に入れたらいいのに、と思います。

かんぽの宿など公共の宿は基本的に介護用吊り式リフトのある
貸し切り家族風呂が設置されているところも多いです。

もっと、車椅子でもいろいろな温泉を楽しめるようになってほしいと
切に祈ります。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Menu

HOME

TOP