バレーボール観戦のおすすめ持ち物!服装で気をつけることは?

目の前で選手たちが躍動する、生の迫力が楽しめるのが、
会場で観戦するだいごみです。

TVでは伝わらない、
バレーボール選手のすごさに圧倒されます。

一度経験すると、また観戦したくなる魅力があります。

スポーツ全般において、直接観戦することは、
一番そのスポーツを楽しめる場です。

バレーボール観戦における、おすすめの持ち物、
服装などについて紹介します。

スポンサードリンク

バレーボール観戦のおすすめ持ち物!

選手たちの表情まで楽しみたいのであれば、
小さな双眼鏡などを持って行くとよいです。

そんなにかさばる物では無いので、
用意しておいて損はありません。

お気に入りの選手がいる場合などは、オペラグラスは便利です。


アリーナならばあまり必要が無いかもしれませんが、
スタンド席でお目当ての選手をじっくり見たいなら必須です。

ただし、あまり夢中になって、ボールが飛んできたのに気づかず、
頭でレシーブしてしまうことになるかも!


写真撮影が可能ですので、カメラを持って行くのもよいです。


しかし、私の経験ではある程度のカメラでないと、
迫力のある写真はとれません。

私は安物のデジカメ、妹はスマホで撮影したのですが、
二人ともガッカリで残念な酷い写真しか撮れませんでした。


でも、出待ちする際に写真撮影に応じてくれる選手もいるので、
そのためにカメラを用意しておいてもいいでしょう。

スポンサードリンク

出待ちでサインなど欲しい場合は、
ペンとサイン帳なども用意したいところですね。

バレーボール観戦の服装で気をつけることは?

試合観戦時の服装はあまり考えすぎずに、
リラックスして臨みましょう。

チームカラーなどありますので、
それを取り入れた服装はナイスチョイスです。


レプリカユニフォームやレプリカTシャツなどもありますし、
選手もファンだと気づくので、サインボールの投げ込みの時に、
狙ってくれる(かもしれません)。


別にドレスコードがある訳ではありませんので、
自分の気持ちが上がる、応援に熱が出る服装であればよいです。

ただし、あまり奇抜な恰好はNGですよ。

ジャージ姿の中高生とかも普通にいるので、
服装には、あまりあれこれ悩まないで大丈夫です。


一部の試合会場では土足禁止のところがあります。

事前に調べておいてスリッパなどの用意が必要です。


シーズン中は秋冬となりますので、防寒対策はしっかりしてください。

服装は、風邪をひかない格好で、
会場の中で温度調節できる服装がよいですよ。

熱い応援の後にさむ~い外に出ると身にしみます。

まとめ

荷物はなるべく少なくしたいです。

持ち物も必要最低限で、
カメラ、オペラグラス、色紙、サインペン、携帯、お財布。


あと、グッズを買うならば、それが入る余裕も考えてください。

あとはチケットを用意するだけです!
選手達も貴方の応援を待っていますよ!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする