電動歯ブラシの飛行機の機内持ち込みは国内線でできる?国際線では?

日常的に電動歯ブラシを使っていますか?
そんな人は、旅先でもつかいたいですよね。

しかし、移動に飛行機を利用する際には
注意がひつようです。

電動歯ブラシを持ち込みたい場合、
チェックしなくてはいけないことがあります。

電池交換式の場合は、問題ありません。

しかし、充電式の電動歯ブラシは注意が必要です。

バッテリーには思わぬ危険があるのです。
その心配はなんなのか?
紹介していきます。

スポンサードリンク

リチウムイオンバッテリーだった場合の飛行機への持ち込みは?

電動歯ブラシには、
リチウムイオンバッテリーを使っているものが、
少なくありません。

その電動歯ブラシを飛行機に持ち込むばあい、
次の条件をみたす必要があります。

「電子機器に内蔵されている以外の
リチウムイオンバッテリーは
基本的として、機内への預け入れは不可となります」

この条件に適合します、ですが、
もうひとつ制限があります。

・リチウム電池に内における、リチウム含有量が、
2g以下であること。
・リチウムイオン電池においては、
ワット時定格量を160Wh以下とすること

この制限もクリアしないと、持ち込むことができません。

普通の電動歯ブラシでは、
この制限量以上になるばあいは、
ほとんどありません。

基本的に、電動歯ブラシは、
持ち込みOKなので安心してください。

電動歯ブラシの飛行機の機内持ち込みは国内線でできる?

飛行機、国内線ではどうでしょうか?

スポンサードリンク

基本、上記の注意点をクリアしていれば、
機内持ち込みは問題なしです。

むしろ、持ち込んだあと、
使用するときのマナーを守るほうが大切です。

歯磨きをする場所は、
乗客それぞれのための、共用スペースなので、
短時間で、きれいに使いましょう。

なかでも、着陸直前などに利用するのはさけましょう、
混みあいますので、利用には気をつけてください。

電動歯ブラシの機内持ち込み 国際線では?

特に海外へ行く際、飛行機を長時間利用するときに、
飛行機内で電動歯ブラシを、
つかいたくなるときがあります。

たとえ飛行機内であったとしても、
食後などには、ハミガキをしたくなります。

国際線を利用する場合も、電動歯ブラシの持ち込みには、
ほとんど問題はありません。

安心してください。

こちらも、国内線と同様に、
マナーが求められることです。

「なんだあの日本人は!」

と思われないように、旅の恥は掻き捨て、
そんな考え方は問題外です。

歯を磨く際には、
すいている時間をえらびましょう。

そのとき、
持ち込んでいた電動歯ブラシが大活躍します。

すばやくきれいに、さっぱりと磨くことができます。

まとめ

なぜこんなに細かいルールがあるのでしょうか?

それには理由があります、
リチウムイオンバッテリーからの、
発火が原因となった火災事故の多発からです。

リチウムイオンバッテリーは、
衝撃に弱く、仕組みとしても、
発火しやすい物なのです。

発火し、飛行機事故につながれば、
大惨事です。
(実例もあります)

飛行機内での、
電動歯ブラシによる事故は、
まだ報告されていませんが、
万が一ということもあります。

ささいなことでも、
ちゃんと特徴を知り、安全に使用してください。

電動歯ブラシもね!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする