カメムシの洗濯物対策防虫ネットの張り方ベランダに!手作り自作も出来る?

カメムシが洗濯物に引っ付いてしまうのでしたら、
防虫ネットを張ってみましょう。

ベランダ全体をネットで覆ってしまえば、
カメムシだけでなく、他の虫やハトの侵入を予防できますよ!

そこで今回は、防虫ネットの張り方や、
防虫ネットは自作できるのかなどを紹介します。

スポンサードリンク

カメムシの洗濯物対策防虫ネットの張り方 ベランダ用

カメムシが洗濯物に付かないようにするには、
ベランダ全体をネットで覆うのがベスト!

ただし、賃貸物件に住んでいる場合は、
なるべく壁や天井、手すりなどを傷めたくないですね。

そこでまず、突っ張り棒を2~3本用意してベランダに立てていきます。

天井部分と床に突っ張り棒をしっかり固定してくださいね。

あとはそこに、ホームセンターなどで売っている、防虫用ネットを張り、
結束バンドや紐などで括り付けてしまえばOK!

どうでしょう?意外と簡単ですね!

ただし、脚立などを使って、ベランダに張ったネットの上の方も、
紐や結束バンドで固定する必要があるので、
転落などにはくれぐれも注意してくださいね。

念のため、夫婦二人がかりでネット張りをした方が良いかも。

また、ネットは強風でも飛んだり外れてしまわないように、
突っ張り棒もネットもしっかり固定させましょう。

ちなみに、マジックテープで取り付けられるネットもあるので、
これを活用してみるのもいいかも!?

カメムシ対策洗濯物ネットを自作手作り!

カメムシ対策用にベランダに張るネットですが、
自作するのはものすごく大変だし、時間もかかるので、
大人しくホームセンターなどで売っている、
防虫用ネットを代用しましょう。

スポンサードリンク

防虫ネットをベランダに張ると、網目の細かさによっては、
カメムシはもちろん蚊などの虫も入って来れなくなるので、
夏場はかなり重宝しますよ!

そして、実はあることをすると、
更に効果的なカメムシ予防ネットを作る事ができるんです!

それは、ネットにカメムシが嫌がるニオイを付けておくこと。

カメムシ用の殺虫剤や忌避剤をスプレーしておくのも良いですが、
ヤツらはミントの香りを嫌うので、
ミントオイルを混ぜた水を吹きかけておきましょう。

これで虫が寄り付かないネットの完成!

定期的にスプレーし直しておけば、
効果が持続しますよ!

ちなみに、ベランダ全体ではなく、
洗濯物を干すピンチハンガーなどをネットでガードしたい場合は、
ネットを自作することも可能です。

市販の洗濯ネットでできて簡単なんですよ!

必要なもの:
市販の洗濯ネット(サイズはピンチハンガーの入るくらいの大きさ)
ガムテープなど
はさみ

作り方:
洗濯ネットを平置きにします。
長方形になりますよね。

そうしたら、チャックと反対側の辺のまんなかぐらいに
ピンチハンガーのひっかける部分が入れられるくらいの
穴を開けます。

ピンチハンガーのフックを洗濯ネットの内側から
穴に通してガムテープなどですき間がないようにします。


簡単ですよね♪

ピンチハンガーのサイズが小さければ、100均でも
入れられるサイズがあるかも!

うちのは大きいので洗濯ネットもビッグサイズになっちゃいます☆

まとめ

カメムシから洗濯物を守るには、
ベランダの天井と床に突っ張り棒を固定して、
そこにネットを張って括り付けるだけ。

張ったネットにミントスプレーを吹きかければ、
カメムシが寄ってくることはありませんよ!

もう洗濯物をカメムシに邪魔されずに快適に干せるので、
ぜひ試してみてください!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする